恩田陸の蜜蜂と遠雷の感想

恩田陸の蜜蜂と遠雷の感想
この記事の筆者:早川朋孝
恩田陸の蜜蜂と遠雷の感想

直木賞と本屋大賞を受賞した恩田陸の「蜜蜂と遠雷」を読んだ。ピアノ・コンクールを舞台にした作品で、丁寧な取材に加え深い音楽理解がないと書けない作品だと思う。この作品にはコンクールで演奏される色々なクラシックの曲が登場する。ピアノをやっている私にはどの曲も馴染みが深く、特に曲の描写を興味深く読んだ。ピアノ曲を言葉で説明するとこうなるのか、と。というわけで蜜蜂と遠雷はこんな人におすすめ。

  • クラシックピアノを弾く人、好きな人
  • ピアノ・コンクールの舞台裏を知りたい人
  • ピアノ・コンクールでどうやって順位をつけているか疑問に思う人
  • ピアノ・コンクールに参加する疑似体験をしたい人(音大生とか)

こいうった人たちなら文句なしに楽しめるだろうし、500ページ近い本書をすぐに読めてしまうだろう。そしてピアノをよく知らない人でももちろん楽しめる。というのもピアノに馴染みがないが本書を読んだ知人が何人かいるが、どの人も面白かったとのこと。というわけで蜜蜂と遠雷は誰でも楽しめるエンターテイメント小説と言えるだろう。

しかし、ちょっとどうかな、と思う点がある。それは本書はけっこう冗長という点だ。本書は一次予選、二次予選、三次予選とピアノ・コンクールが進んでいく様子が描かれているのだが二次予選を読み終える頃には物語の進行のパターンがある程度わかってしまい、だんだん新鮮味がなくなっていくのだ。最初のほうは文句なしに面白いだけに、真ん中くらいまで読むと強くそう感じるようになる。この点をやや残念に感じる。

いつも面接に落ちるあなた

ちょっと唐突だが、いつも面接に落ちる、いつもふられる、いつも同じところでつまずく、という人に読んで欲しい一説があるので引用する。これは実力も人気も申し分ないと思われていたピアニストが予選で落ちてしまったのを、審査員が諭す場面だ。

君のテクニックは素晴らしい、音楽性を否定するわけではない、しかし、一人や二人ではない少なからぬ数の審査委員が、君が三次予選には進めないと考えたのは事実である。それがどういうことを意味するのか、君はここで立ち止まって考えてみるべきではないか。その理由を理解できないところに、君が今回三次予選に進めなかった要因があるとは思わないか。

至福の音楽描写

最後にバルトークのピアノ協奏曲第3番の第2楽章のアダージオの描写を紹介する。バルトークのピアノ協奏曲は素晴らしい曲。知らなければyoutubeなんかで聴けるので聴いた上でこの部分を読めば、蜜蜂と遠雷の音楽描写がいかに素晴らしいかよくわかるだろう。第2楽章は演奏開始から8分後くらいから聴ける。youtubeで聴く

ゆったりとした、厳かなオーケストラの導入部。 ゆっくりと、木立の中を鹿が歩いてくるのが見えるようだ。 かすかに霞が立ちこめ、うっすらと肌寒く、どこか神秘的な空気がぴんと張り詰めた朝。 まだ夜は明けきらず、息を潜めるような静けさが辺りに漂っている。 ~中略~ ミルク色の霞の中に、キラリと光が差し込んだ。今は暗いけれど、今日は晴れそうだ。 鹿がぴんと耳を立て、首を上げる。 遠くから来る何かに気付いたらしい。 高いところで鳥が鳴く。さえずる。歌う。はばたいて空を渡ってゆく。

ちょっと冗長だけど、とっても楽しめる作品。500ページほどあるけど、読書になれている人なら1日で読めてしまうだろう。

フォローすれば更新情報が受け取れます