クラウドソーシングの募集で10件以上の応募を集めた方法

クラウドソーシングの募集で10件以上の応募を集めた方法
この記事の筆者:早川朋孝
クラウドソーシングの募集で10件以上の応募を集めた方法

ランサーズとかクラウドワークスなどのいわゆるクラウドソーシングと呼ばれる仕事の受発注システムが活況を呈している。うまく使えば、依頼主は自分や自社内では解決できない問題を安く仕上げることができる。しかし募集をかけてもうまく募集が集まらないという悩みはけっこうあるだろう。というわけで、上手に募集を集める方法をまとめてみた。

ある製品の募集をかけたら10人ほどの応募があった

最近、あるCMSの管理画面のデザインリニューアルの募集をかけた。ちなみにCMSとはホームページを管理するためのソフトウェアのことで、それ自体がホームページを記述するhtmlというプログラムでできている。そのシステムの管理画面のデザインを募集した。要件は以下の通り。

  • 募集期間は10日間
  • 報酬は4万円
  • 納品物はpsdファイルのみでhtmlのコーディングは含まない
  • ワイヤーフレームをきっちり用意
  • RFPをきっちり用意

これらの要件をまとめると以下のようなことが言える。

報酬について

まず当たり前だが金額が極端に低い場合は応募は集まらない。これは作業に対する適正価格をちゃんと考えてきっちり提示しよう。「格安で集めてやろう」なんて魂胆では最初からうまくいかない。

依頼主がちゃんとしていることを相手に示す

クラウドソーシングは相互に顔が見えない形式のシステムだ。知らない人に大事な仕事を依頼したり、依頼されたりするわけだから、その中で信頼感が大事である。どういう仕事を依頼したいのか、できるだけ明確に資料を用意することで、依頼主自身がちゃんとした人であるアピールになる。逆に資料の内容が不明確であったり誤字が多かったりすると信頼されない。つまり応募も集まらない。

作業範囲の明確化

応募する側が嫌がるのは、曖昧な募集内容で金額が低い場合だ。応募する側は「この金額に対してはここまでの作業量」と想定している範囲がある。その範囲を平気で超える要求をされそうと感じたら応募しないのは当然だ。したがって依頼する作業内容はできるだけ具体的に書き、誤解を招きそうな内容を含む場合は「この作業は不要です」などとRFPに明記するほうがいいだろう。

その他信頼感

依頼主が法人の場合は、住所やウェブサイトなど、どんな依頼主かを示すものを少しでも多く相手に教えるほうが安心を得やすい。匿名、住所不明などは怪しい要素はできるだけ排除したほうがいい。

まとめ

以上がクラウドソーシングで応募を集めるための方法だ。要は面倒くさがらず事前準備をちゃんとするという当たり前のことを徹底するしかないのだ。そのための具体的な方法が分からなくて依頼が集まらないと困っている人は、たくさん応募が集まっている募集をいくつか参考に見るといいだろう。

資料を作成したら、同僚や仲間、家族など他の人に一度チェックしてもらうといい。これ大事です。

フォローすれば更新情報が受け取れます